WPブロックエディタが使いにくくても慣れるべきだと思う理由

WordPress5.0から採用されたブロックエディタですが、「使いにくい」という声が多く、プラグインで以前の『クラシックエディタ』に戻す人が多数でした。

昔からワードプレスに慣れ親しんでいる方は今もクラシックエディタで記事を書いていらっしゃる方も多いでしょう。

そういう僕も、アドセンスブログは今でもクラシックエディタを使っています。

それでも!「ネットで稼ぎ続けたいなら」ブロックエディタには慣れるべきだと思い、このブログではブロックエディタで記事を書いています。(この記事も)

ネットで稼ぎたいなら変化に適応する

もちろん、ブロックエディタを使うのは「僕が」「僕のために」課していることですし、クラシックエディタのほうがまだ慣れているのは事実です。

ただ、変化の激しいネットビジネスの世界で稼ぎ「続けたい」なら進んで変化に適応していく姿勢が必要だと思っています。

趣味でブログを書いているなら、慣れたやり方にこだわるのも全く問題ありません。

しかし、ネットで収益を上げたいと考えている、しかもできるだけ長く。なら、

  • 分からない
  • 面倒くさい
  • やりづらい

だけで投げ出すのは今後のためにはならないんじゃないかなーと。(まあ気分だけで色々と散々投げ出してきた自分が言える立場じゃないですけどね!)

アドセンスブログで上位表示する基準も変化していってますし、転売だって昔はヤフーオークションとAmazonを使っていればとりあえずはOKでしたが、今はフリマアプリは絶対に外せません。

ツールも変わるし、そもそもWordPress自体もネットビジネスの最初からあったわけじゃないですし。

新しいものが全てにおいて優れているとは思いませんが、「使いにくい」と拒否反応を示すよりも、とりあえず早めに慣れておく姿勢のほうが長い目で見て上手くいく可能性は高いんじゃないかなーって話です。

だからといって、常にメインのWordPressで不慣れなブロックエディタを使うのは作業効率が落ちてしまいます。実際、上の文を箇条書きにするために何分も迷っていました。

なので僕も「割と好き放題書くこのブログだけでまずは慣れてみる」ことから始めています。

ブロックエディタの良さが分かってきた、かも

ここまで書いてきて、既に「ブロックエディタ、なかなか良いかも」と少しだけ思ってきました。

以前のクラシックエディタのビジュアルエディタよりもさらに直感的な操作ができている感じです。

クラシックエディタでは、文字などの装飾が上手くいかずイライラすることもあるのですが、ブロックエディタのほうが装飾しやすいですね。

あと「ブロック」というだけあって、後から組み合わせや順番を変えるのもやりやすそうですね。(まだ何も試してないけど)

とは言え、まだ「これ、こうしたいんだけど、どうすればいいんだ?」という部分は多く、慣れるにはもう少し時間、いや作業量が必要なようですね。

具体的には

  • 囲みボックスの色やバリエーションはどう変化させるの?
  • 前は文字数が表示されていたけど、されなくなった?(地味に困る)
  • 別のテキストエディタで下書きしてたけど、直でコピペしていいのか?(やってみりゃすぐできる)

「そのくらいちょっと試したり調べればいいだろ!」って話ですが、他の作業もあるしってことで。

まあ、このブログを実験台にして遊び倒してやろうと思います。

WordPressブロックエディタが使いにくいと思ってもネットで稼ぎ続けたいので慣れます

ブロックエディタを使うこととネットで稼ぐことに直接的な関係は無いです。

ただネットビジネスのプロとして、商売道具の変化には否定から入らないようにやっていきたいなと思っています。それが長期的に稼ぎ続けるのに大切なんじゃないかなと。

当然「プロだからこそ、新しいものに安易に飛びつかず使いやすさ最優先」という価値観があっても間違っていないと思います。

僕は慣れてから正式に採用するか決めたいです。

タイトルとURLをコピーしました